day 5th.   このショットだべさ!

今朝は、朝から青空が広がっている絶好のボード日和だ!
タイから帰国している姪を連れて・・・

ダメ元で、私fusion海苔の滑走シーンの撮影を頼んだ。
ロッジでデジイチの簡単な操作をレクチャーして、いきなりリフトで東斜面へ向かう。
ズーミングなどは期待せず、「シャッターを押し続けろ!」と・・・

同じコースを3回滑って、それでも使えそうな数枚をモニターで確認した。
その後、姪をフリー滑走で楽しんでもらい、昼になったので西ロッジへ戻ると、窓越しに手を振る姿が・・・
専属サービスマン?のW氏だった。
私のケータイに電話したようだが、「ブルブル!」はしなかったなぁ~・・・
昼ごはんを一緒に食べたが、W氏からの撮影依頼があったので、今度ははこちらが「専属カメラマン!」だ。

W氏、午前中ボードを3本滑ったあとは、スキーに代えていたが、午後はまずそのスキー滑走を撮ると、次はボードで撮って欲しいと云って、
一人東コースの駐車場へ戻ってボードのソフトを履いて戻って来た。

あっ、この方、コレが何時ものスタイルであるから、本人はフツーの様子であるが、傍から見れば何とも忙しいのだが・・・

今日、思いがけずあのスノーカバーを、今シーズン初使用したが、使い捨てカイロをケチって2個だけとしたら、W氏を写すのにリフト1本を
待つ間は、少し手が冷たかった。

午前中と違って、午後からは青空も少し雲がかかってきて気温も下がったようだった。又、降雪がない分、バーンはやや硬めであった。

カメラを外してからは、W氏とのプライベートレッスンを3本。。。

どうよ・・・
ダメ元のショットが、いきなりコノ絵である!    しかも圧雪の跡が残る、お気に入りの撮影スポットで・・・
この2枚だけで今シーズン、頑張れる気がするよぉ~


c0093847_15195719.jpg

c0093847_1520131.jpg


これがW氏の滑りだ!
c0093847_15203374.jpg
(All photos : EOS D60 / TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR)

※ technical note
バックサイドでの、ターン後半のズレが気になる・・・
インストラクターのW氏は、腕による補助動作を意識するようにとのアドバイスを、 又、緩斜面ではエッジだけでの滑走を練習するように、とも・・・

本日の滑走 : 10本?くらい(ソノうち、撮影の移動手段として6本)
本日のコースコンディション : ヤヤ硬い、
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-12-17 18:03 | かもい岳通信 | Trackback(1) | Comments(8)

day 4th. 2   昼寝の・・・できるロッジ!

全面オープンはしたものの、今ひとつ雪が足りない!
常連サン各位(特にスキーヤー)は、其れも気にしないような様子でカーヴィング・ターンの更なるスキル・アップに余念がない。

も~何年も他所のスキー場で滑っていないが、きっと内地からの「○泊○日」なんて忙しいツアーの危なっかしいスキーヤーとかボーダーが遊びに来ないからなのか、安心して滑れる。
だからゲレンデのシュプールだって、何時もカーヴしてる!

又、銀色っぽい世代(早い話しが、シルバーさんだ・・・おっと私fusion海苔だって、片足かかってるぅ~)も負けじと「楽しいスキー!」を・・・

学校が冬休みにも入っていない平日は、昼時でも20人ソコソコだろう・・・ロッジの中には。
常連サン達は何の遠慮も無しに寛いでいて、中には食後の休憩を椅子で横になる姿も時々見受ける!(足を向けてるのが私fusion海苔デスが、この撮影の為なんっスよ~ほんと!)
其の内、開いてるホールのコインロッカー横に「小上がり!」なんか出来ちゃったりして。。。

あっ、その前にこの西ロッジの閉鎖はないだろうな?

c0093847_18372060.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)
c0093847_18333128.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)
c0093847_18334485.jpg
(OPTIO WPi)
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-12-16 18:47 | かもい岳通信 | Trackback | Comments(2)

専属サービスマン ?

昨日は暖かな天候から、午後には雨まで降ってきた。
夜半には気温が下がって来たらしくて、今朝窓を開けると道路が薄っすらと雪をかぶっていた。
それでも、融けた分ほどの量が降ったわけでもない。
一昨日、滑っていた時にコースに穴ぼこを見つけて、受付の係員に伝えた事もあったので、今日も「非番日!」だ。

こんな日には、アレだ!
・・・そ~、YONEXの板をチューンナップしてもらおう。。。
親しくお付き合い願っているW氏が、「新しい板、持っておいでヨ!」と声をかけてくれていたからだ。

此処は、W氏のワックス・ルーム兼スポーツグッズのロッカールームと云った、広さ4畳半ほどの部屋だ。
私には「フル・チューン!」に思えるほどの丁寧な仕事だ。エッジの不要な部分は角をおとしてくれたし、ビベリング(って、云ったと思うのだが、スキーに夢中な頃の雑誌にそんなチューンナップ関連の記事で見たような?・・・ 
で、89度で仕上げてくれた、)を施してくれ、ワックスは当然ベースからで、高価なガリウムを仕上げに塗ってくれた。

実に、「イイ仕事してるね!」
それにこの方お洒落も中々なもので、エプロンだってマーカーのロゴ入りで決めてるよ!
あっ、壁に沢山飾ってあるW氏のスキーやボードのベストターンの写真の中に、私が連写したものを加工した一枚も見えてます(3枚目の写真で、顔の辺りのが・・・)
c0093847_1812443.jpg
c0093847_1812348.jpg
c0093847_18125558.jpg

c0093847_2112027.jpg
(All photos : PowerShot A85 with Wide converter)
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-12-14 18:32 | かもい岳通信 | Trackback | Comments(4)

day 4th.   自分が写るかめら!

昨夜、寝ながら考えた・・・
撮影場所に不自由しないシチュエーションなのに、自分が写らないのは・・・「フマンだぁ~!」
(余談 : ちょうど、お笑い番組のエンディングで、結果叫ぶネタは分かっているけど、ソコへ無理やり持って行くプロセスが面白いのだが・・・あの感じで叫ぶ!)

・・・で、思い出したのが夏の「えりも岬ツーリング!」での、正しく襟裳岬での一枚。
3枚目がそーなのですが。。。

このテクなら、自分の滑走シーンが撮れるカモ!!!
(・・・だったら、好ぃ~ね。)
c0093847_16342465.jpg
c0093847_16344388.jpg
c0093847_16345685.jpg
(All photos : PowerShot A85 with Wide converter)

※ ちょっと、チョット×2! だけの technical note
前回の、ドリフトターン・ショートの疑問は、お二人のコメントを参考にして本日再トライしたら、
前よりは横方向に走らなかった。
そして今日は、顔馴染みのインストラクターが、アルペンの姉ちゃんの滑りを見ている時に、私の滑りを見て、ワンポイント・アドバイスを・・・
フリー滑走時に、リズム変化をつける様に!ロングターン・カーヴィングで滑っていた時だ。
そして、フロントサイド・ターンの時に、右ひざの運動を意識するように、と!コレ、そのアルペンの姉ちゃんへの指摘事項でもあるが、昨シーズンの終りにメモ書きしてあった注意点だった。

本日の滑走 : 12本かな?
本日のコースコンディション : 普通
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-12-12 16:57 | かもい岳通信 | Trackback | Comments(5)

スノーカバー改良型

今日は1日中、依頼された賀状印刷で終わって、先ほど郵送した。
デサインのプレゼン、打ち合わせ、手書きの筆文字の挿入、打ち合わせ、等々。。。
納期は木曜であったが、昨日、今日とボードをガマンして急いだので、肩の荷が下りた想いだ。

さて、本題に。。。
其の前に!!!
3シーズン前、私のデジイチでの撮影で触発されたボード兼スキー・インストラクターのW氏は、元来銀鉛カメラのベテランでもあって、カメラ暦も結構なもののようだ。

関心はあったものの、PCはおろかワープロも経験のないまま今日に至ったのだが、SAJ道連のボード関係の役員でもあるので、関係書類や資料がデジタル化したと漏らしていた。

そのW氏が、「デジイチを持ちたい!」と、私に相談があったのは昨年春の事だった。
「触発された!」と云ったのは、そのW氏のスキーやボードでの滑走シーンを撮影したものをA3ノビで印刷して、半切のフレームに収めたものを数枚、仕上げたのが原因らしくて、イケナイ刺激与えてしまった。
中には、「連写したものを画像加工!」した作品もあるのだが・・・
コレは何方にもすこぶる評判が宜しいようで、チョット自慢ではある!

「スキー・ジャーナル風!」と云えば、イメージしていただけるのでは???

W氏、買ったのはニ○ン、D70sだった。プリンターは私が持っているA3モデルではなくて、同じE社ではあるが、当時の最新モデルをスキー仲間と相談の上、決めたとか???
PCだけは、私が同行して15インチ・ワイドモデルをゲット、溜まったポイントで、ニ○ンの光学ファインダー付のコンデジを!

以後の、「W氏のPC奮戦記!」は、又後日! 乞う 御期待を!


本題!
W氏に頼まれて、作ったスノーカバーがコレだ!

改良点(昨日upした開発モデルとの比較で、)
1 デザインは、出来るだけシンメトリカルで、単純化した、・・・結果、使いやすい(ハズだが、ご当人、まだ使う機会在らず・・・)
2 細部の仕上げを丁寧に、より、「・・・っぽく!」する為。(一応、材料費はいただいたし・・・)
3 内部の、使い捨てカイロを入れるポケットを裏地の中に隠した。
4 カメラ本体のストラップとは別に、カバーには取り外せるベルトも付けた。
5 あと、?忘れたヨ!

まぁ~、写真を見て下さい! 
c0093847_21125011.jpg

c0093847_211385.jpg
c0093847_21132537.jpg
(All photos : PowerShot A85 with Wide converter)

こだわったのは・・・
1 W氏が使っていたスキーウエアーと、ロゴ入りのナイロンベルトを再利用。
2 ご希望により、W氏が懇意にしてるボードショップのロゴ・マークを縫い付けた。
3 余った、ロゴ入りのナイロンベルトをカバーに縫い付けた。(コレ、最近のやたらスポンサーなどのロゴ・マーク満載のウエアーのパクリ!で、)
4 こだわり A 手首部分には、ジャケットの裾部分でもうすっかりお馴染みの機能、外気進入防止の為のストッパー・コードを付けた。
5 こだわり B 製作者が特にこだわって、衣類などに付いてる、「洗濯注意や、生地の素材表示」・・・これは、そのウエアーのものを、マンマ流用。

どうよ、この仕上がりの好さは。。。
と、自画自賛するワタシなのであります ♪

[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-12-11 21:38 | かもい岳通信 | Trackback | Comments(5)