「道楽館」は何処???

昨夜、家内が・・・
明日、パート休みだから、美瑛にドライブに行かなぁーい!俺・・・嫌だよー!

今朝、家内が・・・
天気、好いから行こぉーよ!お昼に食べるご飯炊いてるから・・・
俺・・・じやーそうするか!!!

で、1時間半程で中富良野の「ラベンダー園」に到着デス!ラベンダーは終わっていたが、赤いサルビアその他で、ストライプ状の花園をデジカメに収めた。農道からR237に出て、ここも寄った事のある「かんのファーム」でも写真を!!!其処のみやげ物店で・・・
この辺りに、「道楽館って、ありませんかぁ~・・・」
知らないってさー!!!
c0093847_10544421.jpg
目指すのは、先日の旅番組か何かで紹介された、美瑛の「四季彩の丘」と云う観光スポットだ!深山峠に差し掛かって右手には「トリック・アート美術館」が見えてきたから、「この辺なんだよな~」・・・
そのまま美瑛へ向けて進み、やがていつかツーリングで立ち寄った事のある、「セブン・イレブン上川美瑛店」でお茶を買うついでに、「四季彩の丘」への道順を聞いた。
目的のスポットには、観光バスが数台と車が20台ほどが駐車場に・・・
そして、広東語なのか北京語なのか?  飛び交っていました。
c0093847_10552627.jpg
(All photos : PowerShot A85 with Wide converter)

内地の単車海苔さ~ん・・・
これが、きょーの「美瑛の丘!」でーすっ!


結局、見つけられなかったが、テンキさいこー!
ドライブより、単車でハシリタカッタです!

帰宅して、ネットで道楽館の地図をプリントアウトしてみたが、「あきらフォトギャラリー」だって看板が見えてたし~・・・
沼崎街道を見つけられれば・・・

明日、ふゅーじょんでハシリマス !
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-09-15 18:05 | 大したコトでは。。。 | Comments(2)

「デジタル」じゃーナイんですー!

Digitalでもないしー・・・
「デジタル」だと「ジタル」となって「デ」にアクセントがあるけれど、「デジタる」にすると「デジる」となり
「タ」にアクセントが来て・・・
何だか禅問答みたい???
ちょうど、「眠る」、「下りる」、、、、  時事ネタで云うなら「天下る!」みたいなもん、ってか~。
文法なんて分かんないけれどー、「○○○る」って表現すると、動詞になるんじゃーないかな、きっと!

「デジタる亭寫樂」
これって、本当はHPかブログのタイトルにしよーかと思ったり、ブログ開設の準備段階では、
「ハンドル・ネームにでも、・・・」と思ったりも・・・
HPはソフトの準備と技術的なハードルが高そうだったし、ブログのタイトルだと、内容が分かりずらそうだったので。
又ハンドル・ネームにするには、大してデジタル(パソコン)の事を理解している訳でもなかったもので・・・
でも、浮世絵士の「東洲斎寫樂」みたいだし、咄家なんかの「○○亭」というのにも語呂が合っていて、
デジタル寫眞をちょっとだけ加工して
楽しんでいる
わけだから、何かの形で使いたかったんデス!
c0093847_145999.jpg

この写真・・・過日の「エリミdeだーとしちゃった!」の時、偶然通りがかった神奈川ナンバーのエリミとの
つーしょっと、でーす!
・・・・・・んな、訳ねーだろぅ!

ちょとした、「画像加工」のお遊びデス!
2台目のPCを買うときに、パソコンに詳しい方のアドバイスを貰ったので、今こんな事が出来るのです。2000年に買った、
そのPCには画像加工ソフトがインストールされていたのと、ディスプレーにペン・タブレット機能が備わっていました。
そう、!  S社のデスクトップ型○○オです。
c0093847_14595776.jpg

 ・・・そして、その画像加工ソフトのマニュアルも無いままに、アレコレいじくっているうちに、何となくソコソコ楽しめる
よーになっちゃいました。
だから年賀状をはじめとして、季節毎の絵葉書ならぬ写真はがきには大半が画像加工を施した上に、
裏面は元より住所面の下半分にもキー入力ではあるけれど、ちょっとした挨拶文を写真の上に重ねた体裁にして
差し出しています。
c0093847_1502710.jpg
(All photos : PowerShot A85 with Wide converter / Adobe Photoshop Elements 2.0)

この写真・・・
今日の、この投稿への加工ですが、ちょっと細かなツメが甘くて不完全さが残るのですが、
「あり得なぁーいっ!」一枚です!
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-09-13 20:43 | 弐輪寫! | Comments(0)

「北見峠リベンジ&えりも岬ツーリング」1日目・・・其の参

丸瀬布の「道の駅」を出る時に、米国H社のトライク海苔さんが出て行った!若くてカッコいいお姉さんを乗せたタンデムで・・・近くにいた、北見からのライダーの話では、恒例となっている滝上町でのH社のバイク仲間の「披露宴!」があるらしい・・・
去年の事だが、偶然な事に10数年ぶりに札幌の○ー○ランドの店先で出会った、苫小牧在住の無線仲間に誘われたので、鵡川で開催されたH社のバイク仲間の「披露宴!」を見に行った。
想像はしていたが、この北海道だけでもH社のバイクが、こんなに集まるとは!!
それだって、ほんの一握りの連中だろー・・・
そんな事を思い出したが、おにぎり2個と麦茶で満腹だ。
JAのスタンドを探すが見つからず、昨年あのデンジャラスな峠越えをした時に、給油した出光の小さなスタンドで2リッター(JAでフラッグを貰いたいから、)だけ給油した。応対してくれた若いお姉さんは、私がJAのスタンドを探している時50ccのスクターに乗っていたから、自宅で昼食を取った帰りなのか?
c0093847_152953.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

そのスタンドから10キロほどで、R333とR242の分岐点だ!
此処にも、思い出がある!
それは、3年前の「日本海~オホーツク海ツーリング」での紋別のコムケ国際キャンプ場から帰路に就く時の事だ!本当は、旭川に向けてこのR333を上って行くはずを、今日これから走るR242の方に進路を取ってしまった。帰り道だから、北見峠が石北峠に変わっただけのコト!


c0093847_1533643.jpg

やがて、留辺蘂のJAスタンドがT路字交差点そばに見えてきたので、マジメな給油を???
 あの「日本海~オホーツク海ツーリング」の帰り道でルート間違えに気が付いたは、やはりここで給油をした時のコーヒーブレイクだった。
6.9リッター!これで、今日はキャンプ場までオッケーだ!
さぁーて、置戸に向けてシュパーツ。

オドメーターを気にしながらの走行となる・・・

・・・ソロソロだぞぉ~!神聖な儀式の時が・・・



(PowerShot A85 with Wide converter)

c0093847_1552226.jpg

(PowerShot A85 with Wide converter)

お~めぇ~でぇ~とぉ~う~ごぉ~ざぁ~い~まぁ~すっ!
購入10年目(たしか、)にして、達成デス。
我が愛車、好くハタライテクレマス。感謝! 感謝!
そんな想いの中、間もなく置戸。
ここは、家内とのドライブで昨年も寄っているが、それは「オケクラフト・センター」があるからだ!
町か第3セクターの運営する木工センターで、
木の工芸品を展示販売する施設だから、館内は
c0093847_1562778.jpg木の好い香りが・・・
小物であるが、お土産を買ってしまった!しかも、ツーリングの初日にだ!
減るものは無いだろうが、これくらいなら何とかなるだろー。

さ~て、足寄に向けて出発だ。
およそ80キロほどあるだろうか?まずは「陸別」が中間点か・・・
・・・
春には「ふるさと銀河線」も廃止となったし、何処を写真に収めよーか???
このR242を少しでも外れると、ちょっとした撮影スポットはあるのだろうが・・・
云ってみれば、何も無い!
ここいらの方には申し訳ないが、「何も無い」ことこそが此処の「原風景!」なのか???
勤めて、視点を変えてシャッターは切るようにはしているが、
道産子おやじライダーが住んでいる周辺とそれ程変わりばえが        (OPTIO WPi)
しないから、何とも興味が湧かないのだ!

c0093847_1575152.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

そう思いつつ、足寄の「道の駅、あしょろ銀河ホール21」で一休みだ。
神奈川からの若いライダーと2ショット・・・
なのだが、逆光だった。兄さんゴメンナサイ!

ここの町だって、そりゃー思い浮かびますよー・・・
唄だって嫌いじゃーナイ!
でも、本人との2ショットって云うんなら話も違うけどサー!
・・・ミーハーでもないから、実家を撮ったって・・・
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-09-11 18:45 | 北海道を走ろぅ~ヨ! | Comments(7)

エリミdeだーと走っちゃった!

午前中の雲が晴れて来たので、「秋」を探しに、ご近所ツーリング!
R12バイパス→R38→R451(重複R275)→道道432・・・
雨竜市街から先は二輪では始めてのルートだ。暑寒ダムを過ぎると、未舗装路となりアップダウンもきつくなり「プチ・ダート!」に・・・
距離にして15キロくらいかな?
「雨竜沼湿原ゲートパーク」が道道432の終点だ。舗装された駐車場は30~40台くらいのスペースだが、ハイカーの車が少なくても20台はあっただろうか。
往路では、初めてのルートなのと「クマに注意!」のたて看板に、進もうか戻ろうかとのジレンマで、写真を撮る余裕ナシ!
c0093847_21234886.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

こんな注意書は、「復活おやじ」さんならずともオフ車海苔さんなら、俄然闘争心に火が点くのでは???
およそ30キロ(途中に2ヵ所の片側1車線の舗装路があったのだが、)ほどのダート走行の印象は・・・
フュージョンを買った年に、大雪山の初冠雪を見に行った時の愛山渓温泉までのルートや、4年前に同じくフュージョンで「大雪山周遊450キロツーリング」を日帰りで走破した時に、立ち寄った大雪高原温泉での、ダート走行から比べると、今日はロードモデルではあるけれどバイクだから・・・「楽勝ですよー!!!」ってか~
c0093847_21395245.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

オフ車ほどに、Gタンクはスリムではないが、しっかりとニーグリップ出来る!
加えて、下りの走行でもエンジン・ブレーキ、かけれる!!!
あの、大雪高原温泉からの帰り道では、温泉ですっかりくつろげた気分も、瞬く間に吹き飛んだ!
メロンほどもある石ころがゴロゴロなのだが、ギアーチェンジがないスクターだから思うようにエンブレがきかないのだ。おまけに低速でのハンドリングでも、Gタンクがないからニーグリップ出来ないし、幅の広いステップボードが邪魔で、ハンドリングのアシストとして思うように路面に足をつけられない。
未舗装の細かなデコボコをクリアーして走破する醍醐味は、ロードモデルユーザーがオフ車にハマル気持ちがジューブンに分かりました。
上の写真を撮っていた舗装路で、バッタのカップルがHのさいちゅー!!!
しかも、センターライン近くで、・・・ 
c0093847_21302124.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

・・・ って云う事は、 「お取り込み中スイマセンが、アンタ達!車の右車輪でひかれるよー!!!」
ナニの最中に死ぬんだから、本望じゃーん!「腹上死!」ならぬ「背上死!」???
c0093847_21315463.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter / Adobe Photoshop Elements 2.0)


再び雨竜市街の外れで、水田越しの愛車を撮っていたら、空の雲の形が???
エリミそっくりだー!!!
バッタの○○○を目撃して、目がヤラレタか~・・・

嗚呼、でもワヤだぁー この後の汚れ落しが大変だぞぉ~
基本的にはロード・オンリーだし、勿論雨の中の長距離クルージングなんて云う
ヘヴィーな乗り方をタブーにしていた! 
結構上品な扱いで12年間キープしていたから、走行距離と共に見た目には「上玉!」だべさぁ~・・・
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-09-09 21:15 | 弐輪寫! | Comments(0)

「北見峠リベンジ&えりも岬ツーリング」1日目・・・其の弐

前もっての天気予報では雨マークは無かったものの、R12号からR39に変わって旭川を過ぎて当麻町あたりでは、かなり雲は低く垂れ込めていた。
R273での分岐点もクリアーした辺りから、急に雲が切れて来た。
よーし、雨の心配はナシ、だっ!
「リベンジ」とまで言わしめた北見峠だが、さほどハードな印象の無いままに峠越えしたのだが、石北峠のイメージがあったから、駐車スペース、トイレ、みやげ物店が・・・  見当たらない???
そう云えば、峠の手前に廃業して久しいような気配の店があったようにも・・・
c0093847_16272621.jpg
(OPTIO WPi)

峠を下ると白滝村だ!
ここの「北大雪スキー場」は、ニセコのヒラフやアンヌプリ国際以外のツアーで初めて泊まったスキー場だが、もう20年くらいも過ぎたろうか。 懐かしさもあったので尋ねてみたが・・・
ウインタースポーツが冷え込んでいる今日、フラノやニセコと云った華やかさに欠けるネーミングの「北大雪」とは冠していても、此処は大雪山系ではないだろう?  クロスカントリーの全日本クラスが合宿するコースでもあったし、何よりもシーズン・インが早いのだが、ロケーションが悪いから!
c0093847_16285562.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

そんな事を考えながら走っていたら、試してみたい事を思い出した!
アレを試すのはココしかないだろー!!!
・・・走っている姿の「自分撮り!」だ、
ツーリングを再開した年に出会った東京のバリウスⅡ海苔のツーリング記(CDロムで、)で自分撮りやライダー目線での前方を動画で撮ったシーンを思い出して、一度試したことはあったが・・・
「安全なツーリング!」を心がけてるおやじ世代としては、それ以後は「禁止事項!」としていた。
今年の5月に「先着20名様限り!」の超特売デジカメを開店前の○○ダ電気旭川店で並ぶ事6時間の涙ぐましい苦労でゲットしたのだが、大きさがケータイと同じサイズだから、 「封印を解いた!」
c0093847_16303733.jpg
(OPTIO WPi)

何の事はナイ!この一枚のために余計なパーツを荷物に押し込んで・・・  で、見えずづらいがバイザー越しの目線は「チラリとカメラの方を・・・」
とっくに青空となったスキー場への山道だが、スクターを降りての撮影とかの細かな作業をニ、三度繰り返すと、メッシュ鮭(ジャケット)の上にファスナーで重ね着をした付属のオーバージャケット(と、でも云うのだろうか?)中はムレムレ状態だ。
まー寒いよりはイイだろー!
そろそろ、ランチタイムだなぁ~・・・
丸瀬布町の町外れ(って云ぅーかぁ~、殆どの地域が外れていたか??)の、「道の駅・まるせっぷ」でまずは鮭を脱ぐが、下着を取り替えないと汗で気持ちが悪い!!!
c0093847_16315063.jpg
c0093847_1632593.jpg
(PowerShot A85 with Wide converter)

自宅から持参してきた、おにぎりをほお張る!
うめぼしおにぎりサイコー 
はやりの、ステンレスジャータイプのマイ・水筒だが、「こりゃー使えるゾー」ってか~
下着も取り替えて、半そでのポロシャツを吹き抜ける風が気持ちイイナー!!!
が、この後にちょっとした落とし穴が・・・
[PR]
# by ironhorse-snowbo | 2006-09-07 16:13 | 北海道を走ろぅ~ヨ! | Comments(0)